MAZDA公式ブログ
2014.7.24
デザインテーマ「魂動」を表現した手ぬぐいに導かれた優勝!マツダ剣道部員の志とは?

みなさんは、日頃から何かスポーツをしていますか?

マツダでは、スポーツを通じた相互親睦や地域のみなさまとの交流を目的に、ラグビー部や陸上競技部などのクラブ活動にも積極的に取り組んでいます。その一つ「剣道部」が、7月6日(日)に開催された「広島県実業団剣道大会 第58回団体戦」に出場して、昨年に続き、見事に優勝を果たしました!

大会二連覇を成し遂げた、マツダ剣道部の強さの秘訣はどこにあるのか? 優勝チームの大将を務めた能地慶(のうぢ よし)さんと、先鋒(せんぽう)を務めた松田駿志(まつだ たかし)さんに、試合直後に突撃インタビューしました!

20140724_01a

「大将」としてチームを率いる能地さんは、入社して今年で24年目。剣道は小学三年生の時に始めて以来、なんと34年も続けているそうです。まわりの空気を和ませる、ふわっとした雰囲気をもちながらも、瞳の奥で、凛と光る真直ぐな眼差しが印象的。

20140724_01b20140724_01c

剣道を続けてきた理由はと尋ねると、笑顔でこう語りました。

「私が入社した1990年は採用人数が多く、同期の中でも入社後に剣道をする仲間がたくさんいました。当時のメンバーとは、良いライバル関係であり、いい仲間でもありました。剣道を辞めていった仲間もいるけど、僕は無理しすぎず、自然体で剣道と向き合えたので、今もこうやって続けてこられたと思っています。」

剣道は一瞬のスキで勝負が決まる、まさに集中力が不可欠なスポーツ。そして、防具越しに見える相手の目や体の微妙な変化を察知して、攻めるか守るか「一瞬での決断」が問われる繊細なスポーツでもあります。能地さん曰く、このような集中力や洞察力が、仕事においてもかなり役立っているそうです。

また、今年からチームの大将を務めることになった能地さんは、今回の大会に向けて大きなプレッシャーも感じていたそうです。しかし、仲間を尊重し合い団体として勝利を目指し、チームワーク力が培われていく経験や意識の変化は職場においても良い影響を与えているようにも感じているのだとか。

20140724_01d20140724_01e

試合中も、試合を終えた仲間が戻ってくる時に、メンバーがグータッチをしてお互いを気遣う姿に、チームの強い絆を感じました。

さらに今回、大きな力になったのがこちら、「魂動てぬぐい」。 「クルマに命を与える。それがマツダのデザイン」と言った意味が込められているマツダのデザインテーマ「魂動」の文字を、剣士にとって大切な手ぬぐいに記して、部員ひとりひとりが着けて試合に臨みました。

20140724_01f20140724_01g

「デザインテーマ『魂動』を表現した手ぬぐいは、全チーム員が心をひとつにして、一つの目標(優勝)に臨むために、キャプテンの富士田(ふじた)さんが提案したものです。試合前、面を被る前に手ぬぐいの「魂動」の文字を見た時は、「キリッ」と身が引き締まって、頑張ろうという気持ちになりました。」と能地さん。

 

続いては紹介するのは、団体戦の試合の流れを大きく左右する、トップバッター的な存在「先鋒」を務めている今春入社したばかりの松田さん。

小学生からずっと剣道を続けている松田さんの試合は、くったくのない笑顔からは想像もできないような、エネルギッシュな「攻めの剣道」。上段の構え(下右写真:竹刀を頭上に振り上げる構え)から、次から次へと繰り出される攻撃的な技。竹刀を振り下ろすスピードがあまりにも早く、シャッターを切るスピードが追いつきません!

20140724_01h20140724_01i

「高校時代から先鋒を務め、上段構えは当時の先輩に憧れて始めました。当然、初めは上手くできなくて、先生や先輩に教えてもらい、竹刀を素早く振りぬくためのトレーニングもしました。」

一度防具を着けると、闘志むき出しで相手に向っていく松田さんの攻撃的スタイルには周囲からの期待の声も多く、入部わずか3ヵ月余りにも関わらず、チームの先鋒という大切な役割を与えられたそうです。

20140724_01j20140724_01k

能地さんと松田さん、それぞれの剣道に対する思い、働きながらも剣道を続ける意味をたずねました。

「僕にとって剣道は、生活の一部。剣道理念にあるように、剣道を通じて人間形成の道を追求し立派な剣道人・企業人になりたいと思っています。働きながら剣道を続けることは簡単なことではないけれど、試合に勝った時の喜びをチームのみんなと分かち合えるのは最高です!」(能地さん)

「剣道は、自分にとって大切な趣味であり、今一番大切なもの。」(松田さん)

20140724_01l20140724_01m

最後に、チームを代表して能地さんにマツダ剣道部の魅力について聞いてみました。

「剣道部には、入社間もない部員から我々のような年代の人、さらにはシニアの部で活動する人まで幅広い年齢層の人たちがいますが、周りからはチームワークいいね、って言われています。理由の一つとして、部員みんなが一つに集まって練習できる稽古場所(マツダ体育館)があることが、大きいですね。」

20140724_01n20140724_01o

面を外せば、素敵な笑顔があふれる姿が印象的な部員のみなさん。マツダ剣道部は、秋には広島県実業団剣道大会の個人戦に出場予定ですので、ぜひ応援してくださいね!

20140724_01r20140724_01q

カテゴリー:マツダの人