MAZDA公式ブログ
2014.11.20
「アテンザ」「CX-5」の改良モデルを世界初公開!あらゆる領域を熟成、深化しました。

「マツダ アテンザ」と「マツダ CX-5」の改良モデルをロサンゼルスオートショーで世界初公開し、日本国内では、本日より予約受注を開始しました!発売日は「アテンザ」「CX-5」ともに、2015年1月7日を予定しています。

20141120_01a20141120_01b

今回の商品改良では、「アテンザ」「CX-5」とも、お客さまにお届けする価値をより大きく、洗練されたものに育て、お客さまに深く愛される1台となるよう、マツダの最新のクルマづくりの考え方・技術を反映させ、インテリアやエクステリア、機能性、乗り心地、安全性など、あらゆる領域の熟成、深化を図りました。

マツダは「お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆を持ったブランドになること」を目指しています。あるべき理想の姿を追い求め、モデルチェンジなどのタイミングにとらわれず、各モデルの熟成、深化を行ってまいります。それでは、今回の改良の一部をご紹介します。

「アテンザ」「CX-5」に搭載する、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」をさらに進化

夜間や高速走行時でも安心して運転でき、より「走る歓び」を感じていただけるよう、特にドライバーの認知支援を強化しました。

眩しさを抑える「LEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビーム」を備えた新世代ヘッドライトシステム「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を、日本の自動車メーカーとして、初めて搭載。対向車や先行車のドライバーを眩惑させることなく、常時ハイビームでの走行が可能となります。

??????????

ALHを動画に分かりやすくまとめていますので、こちらをご覧ください。

 

「マツダ アテンザ」、魂動デザインを磨き上げ、より精悍なエクステリアデザインに

「アテンザ」は、水平基調を強めたフィンデザインと、より立体的な造形のシグネチャーウィングにより、精悍さとエレガントさを増したフロントフェイスを実現。LED発光シグネチャーを採用したリアコンビネーションランプによる、引き締まったリアに生まれ変わりました。

20141120_01d20141120_01e

エクステリアカラーは新開発のソニックシルバーメタリックとチタニウムフラッシュマイカを追加し、全8色に!

20141120_01f20141120_01g

またインテリアでは、インストルメントパネルやセンターコンソールの造形を大胆に一新しました。独自のヒューマン・マシン・インターフェイスコンセプト「Heads-up Cockpit」に基づき、ドライバーオリエンテッドなコクピット空間と、横方向にすっきりと広がるインストルメントパネル造形による開放的な助手席空間を両立させています^^

さらに、後席シートヒーターをマツダ初採用。後部席に乗車される方にも、よりいっそう快適にドライブをお楽しみいただけます。

20141120_01h

「マツダ CX-5」、洗練されたエクステリアとSUVらしい力強さを磨き上げたインテリアに 

「CX-5」では、グレーメタリックで塗装した水平基調のフィンを採用し、フロントグリルをより精悍で引き締まったデザインへと深化させました。

20141120_01i

内部造形を一新するとともに、ユニット内シグネチャーLEDランプを採用してより生命感を高めたLEDヘッドランプとLEDリアコンビネーションランプも標準装備。インテリアはシフトノブ前のオープンスペース、コンソールボックス、フロントドアポケットの容量を大幅に拡大しました。

20141120_01j20141120_01k

改良の詳細や各モデルのスペック/価格を、リリースでご紹介していますので、こちらをご覧くださいね。

▲マツダニュースリリース(「マツダ アテンザ」「マツダ CX-5」を大幅改良)
http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201411/141120b.html

カテゴリー:クルマ