MAZDA公式ブログ
2014.12.10
無塗装で高質感を実現。自動車外装部品にも使用できる「バイオエンジニアリングプラスチック」を開発!

マツダは三菱化学株式会社と共同で、自動車の外装意匠部品として使用可能なバイオエンプラ(バイオエンジニアリングプラスチック)を開発しました。

この素材は植物由来原料を使用しているため、石油資源の使用量削減やCO2排出量の抑制に貢献できるだけでなく、「無塗装」なのでVOC(揮発性有機化合物)を削減し、環境負荷の低減することができます。

さらに、従来の塗装が施された部品を超える、深みのある色合いと鏡面のような平滑感を実現するなど、高い意匠性を持つ自動車外装部品としても使用できるようになりました。
このバイオエンプラを採用した「マツダバイオテックマテリアル(Mazda Biotechmaterial) 」試作部品は、12月11日(木)から13日(土)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2014」に出展します。

【イメージ図】

20141210_01a

マツダは、バイオマス領域での技術開発に積極的に取り組んできました。これまでに植物由来の材料「マツダバイオテックマテリアル」として、業界初の高耐熱・高強度な自動車内装部品用バイオプラスチックの開発や、世界初の植物由来100%の繊維からなる自動車用シート表皮の開発に成功しています。

しかし、ピラー周りなどの自動車の「外装意匠部品」に使用する材料は、意匠部品としての高い質感はもちろんですが、耐候性をはじめ、耐傷付き性、耐衝撃性など、厳しい環境に耐え得る材料であることが求められます。そのため、バイオプラスチックでの実現には技術的に課題がありました。

今回、成形性がよく、耐久性の高いバイオプラスチック母材の開発をベースに各種の添加剤、着色剤の混合による材料組成の最適化(特許出願中)、さらに、成形時における金型仕様の最適化など、多岐に渡る分野での研究/検証を重ねました。そして、自動車の内装意匠部品はもとより、外装意匠部品にも使用できる材料の開発に成功しました。
これにより、塗装を施したABS樹脂などの従来材料と同様の耐久性を兼ね備えながら、従来塗装品を超える質感を実現したのです。

この材料は、2015年よりグローバルに発売予定の新型「マツダ ロードスター」の内装意匠部品にマツダ車として初めて採用されます。その後順次、量産車の外装意匠部品にも採用される予定です!

20141210_01b20141210_01cc

マツダは、今後も「走る歓び」とともに「優れた環境・安全性能」を備えた商品の開発を目指し、サステイナブルな社会の実現に向けた独自技術の開発に積極的に取り組んでいきます!

20141210_01d

▲マツダの環境技術の考え方
http://www.mazda.com/jp/technology/env/policy/

▲マツダ、自動車外装部品にも使用できる無塗装で高質感のバイオエンジニアリングプラスチックを開発(ニュースリリース)
http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201412/141210a.html

カテゴリー:クルマ