MAZDA公式ブログ
2015.3.26
新型「マツダ CX-3」、 “自分のライフスタイルを刺激するクルマ”として様々なお客さまからご好評いただいています!

2月27日にマツダ初のクリーンディーゼルエンジン専用車として発売を開始した新型「マツダ CX-3」の累計受注台数が10,076台になりました。(3月23日時点)

20150326_01a

新型「CX-3」は、「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品の第5弾となるモデルです。
上質かつスタイリッシュなデザイン、あらゆる場面での使いやすさを追求したサイズとパッケージング、素直に運転が楽しいと感じられる走行性能を高次元で融合しており、単純な車型のクロスオーバーではなく、お客さまのライフスタイルをクロスオーバーすることを目指して開発されました。

20150326_01b20150326_01c

 

ボディーカラー別では、デザインテーマ「魂動」のイメージカラーである「ソウルレッドプレミアムメタリック」が19%、そして、なんと「セラミックメタリック」が44%となっています。
「セラミックメタリック」とは、精密に研ぎ澄まされた金属感や精密な硬質感を表現し、光によって表情が変化する新色です。

20150326_01d

 

グレード別では、「XD Touring L Package」が21%、「XD Touring」が63%、「XD」が16%となっています。

20150326_01e20150326_01f
(写真左:XD Touring L Package、写真右:XD Touring)

 

またディーゼルノック音を大幅に低減する世界初の技術「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」がセットとなるメーカーセットオプション「イノベーションパッケージ」は、13%のお客さまにお選びいただいています。

20150326_01g

顧客層は20代から50代以上まで男女幅広く、買い物やアウトドア、旅行など様々なシーンでお乗りいただいています。
お客さまからは「デザインが秀逸で一目ぼれした」「操る楽しさ、運転の楽しさを感じることができ、長く付き合っていける」「ロングドライブに行きたくなる」「見晴らしがよく、乗り降りも楽」などの声が寄せられており、マツダが新型「CX-3」で新たに提案したクルマづくりに込めた想いにも共感いただいています。

これからもマツダは“走る歓び”にあふれたクルマをつくり続けていきます。

20150326_01h

ファンの皆さまと一緒にCX-3のデビューをお祝いした、発表会の様子をこちらのブログでご紹介しています。
▼「CX-3デビューナイト」(マツダ公式ブログ)
http://blog.mazda.com/archive/20150304_01.html

カテゴリー:クルマ