MAZDA公式ブログ
2015.6.4
「Mazda Women in Motorsport Project 2015」が始動!

“人生のターニングポイント”
皆さんも「ここがその時だ!」と、感じたことがあるのではないでしょうか?

モータースポーツに参加する女性をマツダがサポートする「Mazda Women in Motorsport Project 2015」。自分の行く道を自分で決めて、自ら進んでいこうとするメンバーたちの姿をご紹介します。

FIA(国際自動車連盟)、JAF(日本自動車連盟)が提唱するWOMEN IN MOTORSPORT(ウィメン・イン・モータースポーツ)は、2009年にFIAで発足された「モータースポーツ界における女性の活躍」を推進するプロジェクト。日本ではJAFが2014年9月にワーキンググループを立ち上げました。
Mazda Women in Motorsport Project は、マツダがFIA /JAF WOMEN IN MOTORSPORT委員の井原慶子さんとともに、女性レーサーを中心にモータースポーツ界で活躍する人材育成を目指し、トレーニング用車両(マツダ・ロードスター NC型)や訓練場の提供、優秀者にはレース出場などのサポートを行うプロジェクトです。

20150604_01a20150604_01b
(左写真:FIA /JAF WOMEN IN MOTORSPORT委員の井原慶子さん、右写真:トレーニング用車両)

井原さんの「年齢制限なしで誰でもチャレンジしてほしい」という強い想いから、普通免許(AT限定なし)を保有する18歳以上の女性であれば、どなたでもご応募いただける条件で、今年3月から公募を開始。
最終的に25名を選出する予定が、素晴らしい方々ばかりで選びきれず、結果26名のチームが誕生しました。メンバーは18歳から50代まで幅広く、職業も学生や留学生、主婦、医師、僧侶、タレントなど個性豊か。

メンバーたちにとって「クルマ」はどんな存在で、そして今回のチャレンジをどう捉えているのでしょうか?

「最近ロードスターを購入して、クルマは生活を便利にするだけでなく、運転してワクワク、ドキドキするものだと知りました。このクルマに乗るからには、見本となるような運転がしたいと思ったのが応募したきっかけです。」目を輝かせながら、そう語るロードスターオーナーの方。

その他にも、日頃からレースなどにも参加するメンバーは、「クルマに乗ることはストレス発散。集中して楽しめるので気分転換になります。モータースポーツに興味を持ってからは、ジムカーナに参戦したり、ロードスターでコースに出たりして楽しんでいます。ここが人生のターニングポイントになるのかなと感じていて”自分の道は、自分で決めた方が楽しいに決まっている”というメッセージのとおり、目の前が開けた気がしてワクワクしています。」と力強く語りました。

20150604_01c

このようにメンバーは、MT車に乗るのは20年ぶりという方から、普段からレースへ参戦するなどモータースポーツに親しまれている方まで、スキルや経験は様々。レースに出て速く走りたい、もっと運転が上手くなりたい、など参加動機も人それぞれです。
しかし、クルマが好き、走ることが好き、「走る歓び」を通じて人生をもっと豊かにしたいという想いは、全員に共通しています。

このプロジェクトは、4月11日(土)にお台場で開催されたモータースポーツジャパン2015にて始動。会場では、訓練車の展示・デモランを行いました。また、当日実施したプレスカンファレンスには、多くのメディアの方にお集まりいただき、メンバーは、慣れない取材に戸惑いながらもそれぞれの走る想いをしっかり伝えていました。

20150604_01d20150604_01e
(左写真:デモランの様子、右写真:会場で展示したトレーニング車両・新型ロードスター・デミオ モータースポーツ コンセプト(参考出品))

続いて、訓練合宿もスタート。場所は山口県美祢市にある、「マツダ美祢自動車試験場」。初回の訓練では、マツダの役員などで構成するチームもお出迎えし、常務執行役員の毛籠より「ぜひ安全に、思いっきり走る歓びを感じてください」とエールを送りました。

20150604_01f

訓練では、正しいドライビングポジションやハンドリングの基本、ロール・ピッチ・ヨーなど訓練に必要な基礎知識を学ぶ座学から、指定速度からABSを活用した急制動と、障害物回避、スラローム走行を練習する実技まで、皆さんみっちりとトレーニング。1人ひとりの走行に対し、井原さんから個別にアドバイスが飛びます。皆さん、メキメキと上達されており、今後のレッスンも楽しみです。

20150604_01g20150604_01h

自分の行く道を自分で決めて進もうとするメンバーが集まったこのプロジェクト。
メンバーたちがこれから進む道は、さらに「走る歓び」が深まり、クルマと過ごす生活がもっと楽しくなるのではないでしょうか。今後の「Mazda WOMEN IN MOTORSPORT Project 2015」にご注目くださいね。

訓練合宿は現在、2回開催されています。合宿の詳しい様子は、こちらをご覧ください。
(第1回目)http://mzracing.jp/news/2881 (第2回目)http://mzracing.jp/news/2982

20150604_01i
(Be a driver.のCMでお馴染みのポーズでパチリ!)

マツダは、お客様にご満足いただける商品をお届けするとともに、より多くのお客様にスポーツドライビングの体験機会を提供し、「走る歓び」の体感を通じて運転技量の向上と交通安全に貢献してまいります。

「Be a driver.マツダ・ドライビング・アカデミー」など、マツダのこのような活動を公式ブログでもご紹介しています。⇒http://mzd.bz/academy_blog

カテゴリー:イベント