MAZDA公式ブログ
2015.7.9
【2015年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード】マツダ787Bなど歴代ロータリーレーシングカーが華々しく走行!

マツダ・モータース・UKが参加した「2015年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。イギリスにて、2015年6月26~28日に開催された世界最大級のヒストリック・モータースポーツイベント。華やかな会場の様子をご紹介します!

さらに、ブログの最後では、会場展示物ラインナップなどを掲載したカタログ3冊セットを抽選で3名様にプレゼント!マツダが取り上げられたセントラル・フューチャーの制作ストーリーなど、見応えがあるカタログです。
(プレゼントの応募受付は終了いたしました。)

20150709_01a
(写真:アンベール時のセントラル・フィーチャー)

メイン会場に設置された巨大なモニュメント「セントラル・フィーチャー」(詳しくはこちらをご覧ください)。柱のモチーフは、神社の軒などを支える日本の伝統的建築様式で、マツダが日本のブランドであることを表現。6月25日に行われたアンベール式典では、花火による幻想的な演出の下で、招待客に盛大に公開されました。

セントラル・フィーチャーには、イベント期間中毎日、ヒルクライムコースでの走行を終えた、マツダ 787B、マツダ 787、マツダ 767B、マツダRX-792P、マツダ RX-7 GTOの5台の歴代マツダロータリーレーシングカーが集結。ピットに戻る際は、5台のマシンが一斉にエンジンに火を入れ、ロータリーサウンドを響かせました。

20150709_01b
(左写真:集結した歴代ロータリーレーシングカー)

新型マツダ ロードスター(欧州名:MAZDA MX-5)も、欧州や北米、日本のメーカーの最新の新型車と一緒に、ヒルクライムコースを走行。その生命感あふれるデザインと活き活きと走る姿に注目が集まっていました。

20150709_01c20150709_01d
(左写真:ヒルクライムコースを走行するマツダ 787B、右写真:新型マツダ ロードスター)

往年のクラッシックカー、ルマン24時間耐久レースカー、WRCカー、F1マシン、最新のニューモデルなどがピットに並んだ姿は圧巻。1日中眺めているだけでも飽きない光景が繰り広げられていました。

20150709_01e20150709_01f
(写真:ピットに並ぶ歴代マツダロータリーレーシングカー)

イベント当日は、天候にも恵まれ、多くの観客でにぎわいました。会場には、各自動車メーカー最新モデルなどを展示したパピリオンや、車に乗ることができるムービングモーターショー。さらにデザインコンクールなども実施され、来場者が思い思いのスタイルでイベントを楽しんでいました。ご家族や年配のご夫婦など、みんなで車を楽しむ姿が多く見られ、成熟した自動車文化を感じるイベントとなりました。

20150709_01m20150709_01h20150709_01i

そして最後に、この「2015年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」の魅力がギュギュっと凝縮したカタログ3冊セットを3名様にプレゼント!(英語で記載されたカタログです)
(プレゼントの応募受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました。)

20150709_01j

まず1冊目は、会場の展示ラインアップや簡単な歴史をまとめた「ENTRIES 2015」。そして、イベントに参加したクルマやバイクの歴史やストーリーを迫力ある画像やドライバーの声を交えて紹介した「FLAT-OUT AND FEARLESS」。最後は、セントラル・フューチャーのコンセプトやデザインスケッチ、マツダのモータースポーツの歴史などを紹介した「Mazda at the 2015 Goodwood Festival of Speed」。

貴重な写真も散りばめられたこれらのカタログは、写真を見ているだけでも飽きませんよ。

 

▲グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード公式サイト(英語サイト)
https://grrc.goodwood.com/section/festival-of-speed/

▲グランツーリスモ公式サイト
http://www.gran-turismo.com/jp/

20150709_01k20150709_01l

カテゴリー:イベント