MAZDA公式ブログ
2015.8.3
「企業広報大賞」を初受賞いたしました。ご支援いただき、ありがとうございます。

本日2015年8月3日、マツダは一般財団法人 経済広報センター(会長:榊原 定征 以下、経済広報センター)が主催する「第31回 企業広報賞」において、初めて「企業広報大賞」を受賞しました。

20150803_01a20150803_01c

「企業広報賞」は、1984年に企業広報の発展を願って経済広報センターによって創設された賞。
毎年、優れた企業広報を実践している企業、経営者ならびに企業広報の実務者が表彰されます。

そして今回、マツダが受賞した「企業広報大賞」は、社会から期待され求められているものを見極め、それを経営に反映させるとともにステークホルダーに対し企業活動の的確な情報を発信・伝達し、社会に貢献している企業に贈られるものです。このような素晴らしい賞をいただくことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

受賞理由をご紹介します。(経済広報センター発表資料より)
「本社のある広島から世界へ情報を発信し、独自の環境技術『スカイアクティブ』やデザインテーマ『魂動(こどう)』、その背景にあるマツダの哲学・考え方などを、“心を表わすストーリー”として表現し、戦略的な広報を実践している。社内においても“伝えるまでが自分の仕事”との考えを浸透させ、全社一丸となった企業コミュニケーションに取り組んでいる。社会のマツダ車に対するイメージは格段に向上し、特徴的で魅力的な自動車を作っている企業というブランドを獲得している。苦難の時期を乗り越えながらも、地域のプロ野球球団・Jリーグクラブ支援などマツダが経済、文化両方面で戦後の広島に対して果たしてきた役割も大きい」。

20150803_01d20150803_01e

マツダの小飼 雅道(こがい まさみち)代表取締役社長兼CEOは、今回の受賞を受け、
「歴史と栄誉ある賞を頂くことができ、大変光栄に思います。今回の受賞は、マツダの商品やモノ造りの考え方、企業人格を伝えるべく、全社一丸となって地道に取り組んだことを評価していただいたものと認識しています。

また、これは、日頃より、マツダの企業活動に関心を持ち報道していただいたメディアの皆様、マツダ車を愛用いただいているお客様など、マツダを支援いただいているステークホルダーの皆様あってのものです。今回の受賞を励みに、マツダは今後も、さまざまな接点においてステークホルダーの皆様に共感いただけるコミュニケーションに努め、皆様との間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります」と述べました。

20150803_01f20150803_01g

今日は、マツダ社内向けのビデオをご紹介します。マツダ社員自らマツダの商品やモノ造りの考え方を理解するために制作したものです。ご来社されたお客様や社外講演等で上映させていただいており、これをご覧になった方から公開して欲しいというありがたい要望をいただいておりました。ほぼそのままの映像と音楽でご紹介します。

Mazda Heritage ~広島に育まれた、今に続くマツダの挑戦の歴史~ .

私たちの挑戦を支えてくださるファンの皆様への感謝を胸に、これからもマツダは、走る歓びにあふれるクルマをつくりつづけていきます。これからもよろしくお願いいたします。

20150803_01hh20150803_01b

カテゴリー:マツダの人