MAZDA公式ブログ
2015.9.30
【東京モーターショー】スポーツコンセプトを世界初公開。さらに、「マツダ越KOERU」を日本初公開!

今年は、2年に一度開催される東京モーターショー(主催:一般社団法人 日本自動車工業会)の開催年。
第44回目となる今年は、10月30日から11月8日に一般公開されます。ちょうど1ヶ月後ですね。

今回のマツダの出品テーマは、「マツダは“走る歓び”の未来を切り拓く」。

そのテーマに沿って、スポーツカーのコンセプトモデル(マツダスポーツコンセプト)を世界初公開します。また、日本初公開となるクロスオーバーコンセプト「マツダ越KOERU」や、小型オープンスポーツカー「マツダロードスター」のレース仕様車、1967年に発売した「コスモスポーツ」など、計14台を出品します。

世界初公開となる「マツダスポーツコンセプト」は、新しさの中にスポーツカーの正統を感じさせる、マツダのスポーツカーの歴史を凝縮させたようなスタイリングを備えたモデルです。

20150930_01aa

マツダスポーツコンセプト

 マツダのスポーツカーと言えば、「ロードスター」、「RX-7」、「RX-8」、「コスモスポーツ」などが思い浮かびますが、これらのモデルを凝縮させたようなスタイリングなのでしょうか・・。みなさんもご想像くださいね。

 

また、先日フランクフルトモーターショーで世界初公開したコンセプトモデル「マツダ越KOERU」を日本初公開!

この「マツダ越 KOERU」は既存のクロスオーバーとは一線を画す、スポーティで洗練されたスタイリングおよび走りを実現しています。その名前には、「既存の概念や枠組みを越えるクルマにしたい」という想いを込められています。

20150930_01b

エクステリアデザインのサイドビューは、タイトなキャビンと抑揚のあるボディの組み合わせにより、スピード感のあるボリュームの動きを示しています。また、前後フェンダーから大径タイヤに向かって伸びるハイライトが、地面を蹴る力強さを想起させます。

インテリアデザインは、凝縮感のあるドライバーオリエンテッドな空間と、開放的で心地よいパッセンジャー空間を両立しています。

20150930_01c20150930_01d

なお、「越KOERU」については、11月3日までの展示予定ですので、日程にご注意くださいませ。

 

さらに会場では、「ロードスター」のレース仕様車を含むモータースポーツ展示。

20150930_01e20150930_01f

(画像左:マツダロードスターNR-A、画像右:マツダロードスター(グローバルMX-5カップ仕様車))

 

また、「コスモスポーツ」とともにマツダのクルマづくりの歩みを紹介するヘリテージ展示を通じて、マツダらしい“走る歓び”を訴求します。

20150930_01g

(写真:コスモスポーツ(1967年発売))

その他、マツダの新生代商品ラインアップやSKYACTIVエンジン等の展示を予定しています。詳細については、下記ニュースリリースの出品車両・技術一覧をご覧ください。
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201509/150930a.html (マツダオフィシャルウェブサイト)

■第44回東京モーターショーにおけるマツダの出品車両・技術一覧
20150930_01h

また、今回が3回目となる「SMART MOBILITY CITY(スマートモビリティシティ)」においては、安全に関する考え方および技術についての展示を実施。さまざまな運転環境において、ドライバーの適切な認知・判断・操作をサポートし、安心・安全、そして走る歓びを提供する安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダプロアクティブセーフティ)」にもとづいた技術、全方位センシングの考え方、人間中心設計のHMI(ヒューマンマシーンインターフェイス)などを紹介します。

その他にも、モーターショーの開催期間中、マツダのスタンドにおいて、お客様向けのイベントを複数回予定しています。今回の出品内容やマツダのクルマづくりについて紹介するとともに、開発担当者と直接コミュニケーションいただく機会を設けています。

各イベントの詳細および応募方法については、下記Webサイトをご覧くださいね。

 

▲東京モーターショー2015特設サイト
http://www2.mazda.co.jp/motorshow/2015/ (マツダオフィシャルウェブサイト)

 

カテゴリー:イベント