MAZDA公式ブログ
2015.11.9
マツダの新塗装技術「アクアテック塗装」が第6回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」を受賞

嬉しいニュースが届きましたのでご紹介いたします。

第6回ものづくり日本大賞で揮発性有機化合物とCO2を同時削減する新塗装技術「アクアテック塗装」が、内閣総理大臣賞(「製造・生産プロセス」部門)を受賞しました。

この「製造・生産プロセス」部門の内閣総理大臣賞は、製造・生産工程における画期的なシステムや手法の開発・導入によって、生産の抜本的効率化など、生産革命を実現させた個人又はグループを表彰するというもの。

マツダが内閣総理大臣賞(「製造・生産プロセス」部門)をいただくのは今回が初めてです。

 

さて、今回この賞をいただいたアクアテック塗装とは一体どのような技術なのでしょうか。

「アクアテック塗装」とは、マツダのスリーウエットオン塗装で実現している世界最高水準の低エネルギー消費量(低CO2排出量)を増加させることなく、VOC(揮発性有機化合物)排出量を抑制した、最も環境負荷の少ない塗装技術。

20151109_01a
(写真:アクアテック塗装)

一般的な塗装工程から、工程を集約した「スリーウェットオン塗装」。そこからさらに、高機能塗料による中塗り工程の集約や、また、工程数だけでなく、塗装ブース空調の省エネルギー化や、遠赤外線利用による乾燥工程の高効率化などにより、CO2の排出削減を実現しました。

20151109_01e
(写真:従来塗装とアクアテック塗装の工程比較)

 

今回の受賞にあたり、次のような評価をいただきましたのでご紹介します。

「塗装工程の工程革新と塗料の機能集約により、塗料やエネルギーなどの資源効率を飛躍的に向上。これにより、トレードオフの関係にある、揮発性有機溶剤(VOC)排出量とCO2排出量の同時削減を実現。さらに、この技術をカラー開発にも適用する事で、ソウルレッドに代表される高意匠カラーを実現するなど、環境/品質/経済性の相反する課題を総合的に解決。アクアテックのものづくり革新技術は、自動車塗装工場にとどまらず、塗装業界全体へ広く普及することが期待される。」

20151109_01b20151109_01c
(写真 左:新型ロードスター、右:CX-3(ソウルレッド))

 

【受賞概要】

業績名:揮発性有機化合物とCO2を同時削減する新塗装技術「アクアテック塗装」

受賞者:
菖蒲田 清孝(しょうぶだ きよたか) マツダ株式会社 常務執行役員
圓山 雅俊(まるやま まさとし) マツダ株式会社 常務執行役員
素利 孝久(そり たかひさ) マツダ株式会社 特別顧問
農沢 隆秀(のうざわ たかひで) マツダ株式会社 技術研究所 技監

マツダは、今回の受賞を励みに、今後も、ものづくりを支える生産技術の研究・開発を進め、積極的に展開していくことにより、すべてのお客さまに「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を持つ商品をお届けしてまいります。
そして、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

 

【ご参考】

■第6回ものづくり日本大賞
http://www.monodzukuri.meti.go.jp/index.html (経済産業省ウェブサイト)

■マツダの塗装技術のご紹介
http://www2.mazda.com/ja/technology/env/other/paint_tech.html (マツダオフィシャルウェブサイト)
エンジニアが語る「量産化」への挑戦では、見る角度や、光の当たり方で様々な表情をみせる「ソウルレッド」の秘密をご紹介します。ぜひご覧ください。

▼【ソウルレッド】エンジニアが語る「量産化」への挑戦〜
前編:http://blog.mazda.com/archive/20140108_01.html (マツダ公式ブログ)
後編:http://blog.mazda.com/archive/20140313_01.html (マツダ公式ブログ)

20151109_01d

カテゴリー:クルマ