\
MAZDA公式ブログ
2016.4.14

世界で最も環境負荷の少ない「アクアテック塗装」をグローバルに展開します

マツダ独自の水性塗装技術「アクアテック塗装」。中国江蘇省南京市にある車両生産拠点「長安マツダ汽車有限公司」(以下、CMA)に導入しました。2012年に導入が完了した広島・本社工場に続いて2拠点目、海外では初となります。

「アクアテック塗装」とは、VOC(シンナーなどの揮発性有機化合物)排出量と、CO2排出量の同時削減を実現した、世界で最も環境負荷の少ないマツダ独自の水性塗装システム。

20160414_02e20160414_02f
(写真 左:アクアテック塗装のようす、写真 右:塗装後のボディ)

従来、自動車の塗装工程ではVOCを多く含む油性塗料を使用していたため、塗装工場から排出されるVOCの削減が自動車産業全体の大きな課題となっていました。VOC対策としては、水性塗料への材料置換などが一般的ですが、水性塗装は水分を蒸発させるために多くのエネルギーが必要であり、CO2排出量が増加します。「アクアテック塗装」は、塗装工程の革新によって、塗料やエネルギーなどの資源効率を飛躍的に向上させました。

20160414_02a
(図:アクアテック塗装)

2012年、本社工場(宇品第1工場)への「アクアテック塗装」の導入以降、マツダではその機能と使いやすさのさらなる進化を図ってきました。

このたびのCMAへの導入にあたっては、国内で培った技術を水平展開することで、現地での設備工事と塗料開発を必要最小限にとどめるなど、効率的な導入に成功しました。そして、生産を止めることなく、これまでの油性塗装との並行生産を継続しながら、短期間で「アクアテック塗装」への移行を完了。「ソウルレッドプレミアムメタリック」などの高意匠カラーを含めた全カラーで、国内工場と同等の塗装品質を実現しました。

20160414_02i20160414_02d
(写真:ソウルレッドプレミアムメタリックのマツダ CX-3(左)と、マツダ ロードスター(右))

マツダの菖蒲田清孝(しょうぶだ きよたか)専務執行役員は、今回のグローバル展開にあたり次のように述べています。

「高品質なクルマづくりと環境負荷軽減の両立は、自動車メーカーとしての責務です。世界中で高い評価をいただいている『魂動デザイン』を支えるマツダの塗装技術は、その象徴でもあります。これからも、日本をマザー工場としてものづくりの技術を培い、海外に水平展開することで、世界中のお客さまに高品質なクルマをお届けするとともに、地球環境の保護と豊かな社会づくりに貢献してまいります」

これからもマツダは、さまざまな技術革新を通じてお客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

20160414_02h

なお、マツダのオフィシャルウェブサイトでは、塗装技術を詳しくご紹介しています。

▼マツダの塗装技術
http://www2.mazda.com/ja/technology/env/other/paint_tech.html (マツダオフィシャルウェブサイト)

公式ブログではソウルレッドの量産化に挑戦したエンジニアの姿や、塗装の下地にあたる「電着塗装」の作業現場を特集しています。

▼【ソウルレッド】エンジニアが語る「量産化」への挑戦
http://blog.mazda.com/archive/20140108_01.html (マツダ公式ブログ)

▼【潜入取材】魂動デザインが美しくきらめく理由~「電着塗装」技術の真価~
http://blog.mazda.com/archive/20160413_01.html (マツダ公式ブログ)

カテゴリー:クルマ