MAZDA公式ブログ
2016.8.25
「マツダ アテンザ」を商品改良。フラッグシップモデルとして上質感にこだわったデザインや技術を採用しました。

『マツダ アテンザ』を商品改良し、本日より発売します。

アテンザは、デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」による生命感あふれるデザイン、「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」によって、高次元で両立させた「走る歓び」と燃費性能などで好評いただいている、マツダのフラッグシップモデルです。

20160825_01a2
(写真:マツダ アテンザセダン)

マツダは、2012年発売の「CX-5」以降に導入した新世代商品群において、一貫して人間の特性・感覚を徹底的に研究し、人間にとって気持ちの良い走りを追求してきました。これら商品の商品改良においても、この「人間中心の開発哲学」に基づいた最新技術を採用し、商品の価値を高め続けてきています。

今回のアテンザの商品改良でも、「人間中心の開発哲学」に基づいた最新技術をあらゆる面に採用しました。
インテリアには、丹念な造り込みと高品質な素材とで磨き上げた上質感のあるデザインを採用しています。

また、新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾として、人間の身体感覚に合った自然なクルマの挙動を実現しドライバーや同乗者に安心感を提供する、「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」。クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」のノック音自体を抑制し、心地よいエンジンサウンドを追求した「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」などの最新技術を採用しました。

20160825_01b220160825_01c

さらに、歩行者検知が可能になった「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」など、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」も機能を充実させました。
これらの改良により、アテンザはマツダのフラッグシップとして一層進化を遂げています。

マツダは、「お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆を持ったブランドになること」を目指しています。マツダは今後も常に人とクルマの関係性の「あるべき理想の姿」を追い求め、モデルチェンジなどのタイミングにとらわれず、各モデルの熟成、進化を行ってまいります。

20160825_01d2

「マツダ アテンザ」商品改良の一部をご紹介します。

アテンザのスタイルを魅力的に彩るエクステリアデザイン

「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元に両立することで、リアルな金属質感を実現した新色、「マシーングレープレミアムメタリック」を採用。他にも「ソウルレッドプレミアムメタリック」など、全10色のエクステリアカラーをラインナップしました。

20160825_01e220160825_01f2
(写真 左:マシーングレープレミアムメタリック、写真 右:ソウルレッドプレミアムメタリック)

丹念な造り込みと高品質な素材とで磨き上げたインテリアデザイン

L Packageには、天井とピラーをブラックにし、ホワイトとブラックの2種類のインテリアカラーを設定することで落ち着きあるインテリア空間を表現。 シート素材は上質でしっとりした滑らかな触感のナッパレザーを採用しました。
インパネデコレーションパネルやドアトリムスイッチ、シフトパネルは専用カラーでコーディネートし、 パワーシートスイッチ、グローブボックスのノブも専用加飾で高品質感を演出しています。

20160825_01g220160825_01h2

「G-Vectoring Control」を全車に採用

G-Vectoring Controlは「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾。ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールする技術です。

日常域から緊急回避シーンまで一貫した制御効果を付加し、あらゆるドライバーへ運転の安心感を提供。特に降雪、降雨時などの滑りやすい路面でより高い効果を発揮し、操縦安定性を向上。乗員にかかる加速度の変化をより滑らかにつなぐことで、体の揺れが減り、乗り心地も改善します。

20160825_01i

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」の進化

エンジンのトルク応答をより緻密にコントロールする「DE精密過給制御」を採用。アクセル操作に対するクルマの反応がやや遅れていた軽負荷領域においても、ドライバーの意思に沿った一体感のある走りを実現しました。
ノック音の原因であるエンジン燃焼による圧力波と部品の共振による圧力波に着目し、特に音量が大きい周波数別に静粛性を向上させる「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を採用。

「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」とメーターの視認性向上

「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」の表示画面上側を走行環境情報、下側を車両情報に棲み分け。視認時の迷いを低減するとともに、フルカラー・高輝度・高精細・高コントラスト化を実現し、読み取りやすさを向上しています。
マルチインフォメーションディスプレイにフルカラーTFT液晶を採用し、質感と読み取りやすさを高めたメーターを採用しました。

20160825_01j220160825_01k2

歩行者も検知する進化した衝突回避支援・被害軽減技術を採用

前方の車両や歩行者を検知し、衝突の危険があると認識すると自動的にブレーキをかけて衝突の回避や被害軽減を図る「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」を採用。
近赤外線レーザーセンサーだった検知デバイスをフォワード・センシング・カメラに変更することで、検知対象を車両のみから、歩行者にまで拡大。車両検知の作動速度域も従来の約4~30km/hから、約4~80km/hまで拡大しました。歩行者検知は約10~80km/hで作動します。

20160825_01l

「うっかり見落とし」を低減する、ドライバーをサポートする技術を採用

走行中にフォワード・センシング・カメラで速度制限・進入禁止・一時停止の交通標識等を読み取り、アクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示するほか、制限速度超過をディスプレイ内のグラフィック点滅やブザー警告でドライバーに通知する新開発の「交通標識認識システム(TSR*8)」を採用。

価格や詳しいグレードなどは、こちらのニュースリリースや車種サイトをご覧ください。

▲ニュースリリース
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2016/201608/160825b.html (マツダオフィシャルサイト)

▲アテンザ 車種サイト
http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/ (マツダオフィシャルサイト)

20160825_01m2

なお、新世代車両運動制御技術「G-ベクタリング コントロール」と衝突回避支援・被害軽減技術「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」の2つの技術は、第10回キッズデザイン賞(主催:特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、消費者庁)をいただきました。

マツダの自動車技術が同賞を受賞するのは、2014年の「子ども視点で開発するMAZDA TECHNOLOGY FOR KIDS(マツダ・テクノロジー・フォー・キッズ)」(内閣>総理大臣賞)以降3年連続となります。ご支援ありがとうございます!

20160825_01n20160825_01o
(写真 左:G-ベクタリング コントロール概念図)
(イラスト 右:アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート イメージ)

キッズデザイン賞とは、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という3つのデザインミッションを実現するための優れた製品・空間・サービスを選び、広く社会へ伝えることを目的とした顕彰制度です。

マツダは今後も、安全技術の研究・開発を進め、積極的に展開していくことにより、すべてのお客様に「走る歓び」と「優れた環境安全性能」をお届けすることを通して、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指して参ります。

20160825_01p

▲第10回キッズデザイン賞(主催:特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、消費者庁)
http://www.kidsdesignaward.jp/2016/index.html

【ご参考】

▲特定非営利活動法人(内閣府認証NPO)キッズデザイン協議会
http://www.kidsdesign.jp/

▲「GVC」、「SCBS」などマツダの技術のご紹介
http://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/

カテゴリー:クルマ