\
MAZDA公式ブログ
2016.8.26

ディーゼル豆知識

ディーゼルの燃料は軽油。ガソリンエンジンとは違って、燃料を燃焼させる方法も違います。ガソリンエンジンは、点火プラグの火花を使ってガソリンを燃焼させます。

一方、ディーゼルは「自然着火」。圧縮されて高温になった空気に軽油を噴射することで、自ら燃え始めます。ガソリンは炎に「引火」しやすく、軽油は熱から「発火」しやすいといったそれぞれの性質を活かしています。

▼お知らせ
9/17(土)、マツダブランドスペース大阪にてトークセッションを実施します。こんなクリーンディーゼルの特徴や、マツダのSKYACTIV-Dについて開発者が解説します。燃費も良くてパワフル、そんなディーゼルの魅力にふれてみませんか?詳細やお申込みは下記WEBサイトをご確認ください。

(事前応募:9/7まで)
http://www.mazda.co.jp/bsosaka/event/

20160826_01a 20160826_01b

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ