MAZDA公式ブログ
2016.9.8
社会福祉団体への車両贈呈セレモニー

昨日9/7、「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」への来場者が1,300万人に達したことを記念して、社会福祉団体への車両贈呈セレモニーを行いました。

マツダの代表取締役社長兼CEO小飼より、「社会福祉法人 交響 障がい者就労支援事業所 うぐいす共同作業所」様に「マツダ ビアンテ GRANZ-SKYACTIV 助手席リフトアップシート車」の目録をお渡した後、広島東洋カープ岡田選手とともに記念撮影を行いました。

贈呈先のみなさまより「一生懸命作ったクッキーを運びたい。」「キズつけないようみんなで大切に使わせていただきます。」とコメントをいただきました。

この取り組みは、マツダが広島市民球場の命名権に応募した際、来場者数100万人ごとに、福祉車両を社会福祉団体に贈呈することを提案しており、2009年より実施しています。

20160908_02a

この記事はFacebookに投稿したものです。

 

カテゴリー:Facebookアーカイブ