MAZDA公式ブログ
2016.9.29
今年も「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」に出展、Mazda MX-5 RFを展示します。

10月14日(金)から東京ミッドタウンで行われる「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」に出展し、Mazda MX-5 RF (日本名:マツダ ロードスター RF)などを展示します。

テーマは、「Mazda Design Elegance(マツダデザインエレガンス)」。今秋日本で予約販売開始予定のマツダ ロードスター RFの北米仕様モデル「Mazda MX-5 RF」と、1969年発売のマツダ初の前輪駆動車「ルーチェ ロータリークーペ」を展示します。どちらも、流麗なクーペデザインを追い求めたクルマ2台です。

さらに、視覚だけでなく、感性に訴えかけるブランド体験を提供するために、株式会社資生堂とともに開発した、マツダのデザインテーマ“魂動(こどう)” の世界観を表現したフレグランス「SOUL of MOTION」も出展します。

20160929_02a
(イラスト:展示イメージ図)

東京ミッドタウン全体を会場にして行われる、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」は、「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトにした誰もが参加できるイベントです。5年連続で出展するマツダは展示に加え、開発者によるトークセッションを開催します。

イベントは10月14日(金)~23日(日)に、東京ミッドタウン プラザ(東京都港区)にて開催されます。イベントの詳細は、マツダオフィシャルサイトをご覧ください。

 

展示内容をご紹介します。

「Mazda MX-5 RF」(日本名:ロードスターRF)

今秋日本で予約販売開始予定のマツダ ロードスター RF(電動ルーフ車)の北米仕様モデル。

20160929_02b20160929_02c

「ルーチェロータリークーペ」

イタリアのカロッツェリア・ベルトーネ原案のクーペスタイルで、三角窓をもたないハードトップ車、マツダ初の前輪駆動車として1969年に発売。

20160929_02d20160929_02e

フレグランス「SOUL of MOTION」

株式会社資生堂の「香りを芸術まで高めたい」という初代社長から受け継がれる精神と「クルマはアート」とするマツダデザインの志が共鳴。両社クリエイターのコラボレーションにより、マツダのデザインテーマ“魂動(こどう)” の世界観を表現したフレグランスを創造しました。

こちらのフレグランスについて詳しく紹介していますので、こちら(マツダ公式ブログ)もぜひご覧ください。

20160929_02f20160929_02g

また、会場では、「マツダデザインの歴史、デザイナーとエンジニアの共創」をテーマに、開発者トークセッションも開催します。
(実施日: 10月15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日 (日) 各日2回実施 13時~/16時~)

マツダは、「お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆を持ったブランドになること」を目指しています。今後もお客さまと造り手が直接触れ合い、想いを交わす場を広げてまいります。

なお、「Mazda MX-5 RF」について、公式ブログでご紹介しています。

▲共創の力が生んだ、ロードスターの新しい価値。~ロードスターの達人① エクステリアデザイナー 南澤正典
http://blog.mazda.com/archive/20160831_01.html (マツダ公式ブログ)

▲「リトラクタブルハードトップ」の美しい動きを追究して ~ロードスターの達人② ルーフシステム設計者 松本 浩一
http://blog.mazda.com/archive/20160921_01.html (マツダ公式ブログ)

カテゴリー:イベント