\
MAZDA公式ブログ
2016.10.14

「マツダ CX-3」を商品改良、本日から予約開始!上質な特別仕様車も登場しました。

コンパクトクロスオーバー「マツダ CX-3」の商品改良車および特別仕様車「XD Noble Brown(クロスディー・ノーブル・ブラウン)」を本日(2016年10月14日)より、予約受注を開始しました。
発売日は11月24日を予定しています。

20161014_01a

マツダは、2012年発売の「CX-5」以降に導入した新世代商品群において、一貫して人間の特性・感覚を徹底的に研究し、人間にとって気持ちの良い走りを追求した「人間中心の開発哲学」を基に開発した最新の技術や装備を、モデルチェンジなどのタイミングにとらわれず各モデルに展開しています。

20161014_01b

『CX-3』は、「次の時代のスタンダードを創造する」をコンセプトにクリーンディーゼルエンジン専用車として2015年2月に発売、その個性的でスタイリッシュなデザインと質感の高さ、使いやすさを追求したサイズとパッケージングにより高く評価されています。

20161014_01c

 

人馬一体感をより上質に深化

今回の改良では、高評価のデザインにさらに磨きをかけるとともに、マツダの新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブビークルダイナミクス)」の第一弾、「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を採用するなど、走りの質感の深化にも取り組みました。

 

安心・安全とドライブの楽しさを両立するために、先進安全技術を充実

さらに歩行者検知が可能になった「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」など安心・安全なドライビング性能をさらに高めています。

 

先鋭と上質を追求したデザイン

先鋭的で上質な価値を提供するCX-3の世界観を追求した特別仕様車「XD Noble Brown」を同時に発売いたします。ブラウンの空間にグレーのアクセントと硬質な金属加飾を組み合わせることで意外性を感じさせ、先鋭感を印象づけるインテリアを実現しました。さらに、シート素材には高級革「ナッパレザー*」を使用しています。
*銀面(元々の真皮部分)付で柔らかく質感の高い皮を指す言葉。米国のナパ(Napa)地域で作られていた革が語源。

20161014_01d20161014_01e
(左写真:特別仕様車「XD Noble Brown」「マシーングレープレミアムメタリック」、右写真:特別仕様車「XD Noble Brown」の内装)

 

エクステリアカラーには、「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元に両立することで、リアルな金属質感を実現した「マシーングレープレミアムメタリック」をはじめとした新色が登場しました。

「CX-3」の新色はこちら↓
「マシーングレープレミアムメタリック」「エターナルブルーマイカ」、「スノーフレイクホワイトパールマイカ」

20161014_01h20161014_01i
(左写真:「エターナルブルーマイカ」、右写真:スノーフレイクホワイトパールマイカ)

 

商品改良の概要はリリースでご紹介しています。ぜひご覧ください!
▲「マツダCX-3」の商品改良車を発表:
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2016/201610/161014a.html

▲マツダのクルマづくり
「GVC」「SCBS」など、今回ご紹介したマツダの技術について掲載しています。
http://www.mazda.co.jp/beadriver/?link_id=grnv

※スマートフォンの機種によっては、一部のアプリで正しく記事が表示されない場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

カテゴリー:クルマ