MAZDA公式ブログ
2016.12.16
【速報】 新型「マツダ CX-5」の発表会を動画と共にお届けします!

2016年12月15日、渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区)にて新型「マツダ CX-5」の発表会が行われました。

速報で新型「マツダ CX-5」発表会の様子をお届けします!

会場は、黒を基調としたシックな雰囲気。ステージには、アンベール前のクルマがお出迎えします。

20161216_02a20161216_02b

会場が暗闇に包まれた後、

とうとうアンベールの瞬間がやってきました!緊張感が高まります。

20161216_02c

まずは、こちらの動画をぜひご覧ください。

発表会の様子をフルバージョンでお楽しみいただけます。

はじめに、代表取締役社長兼 CEO 小飼 雅道(こがい まさみち)はこう語りました。

20161216_02d20161216_02e

「新型CX-5は、お客様の声をお聞きし、また、お客様に喜んで頂けるための技術開発を愚直に行い、初代CX-5を大きく超える内外装のデザインをもち、運転することの楽しさ、ドライバーだけではなく同乗者を含めた快適性、静粛性、そして安全性能をさらに一段高いレベルに引き上げています。」

20161216_02f20161216_02g

そして、新型「CX-5」の開発リーダーである商品本部の児玉 眞也(こだま まさや)主査は、「人間中心の開発哲学」についてこう語りました。

20161216_02h

「クルマ作りの本質を突き詰めることで、ドライバーと同乗者は同じ喜びを共有できるはずだと考えました。」

マツダが新型「CX-5」の開発にあてたキーワードが、『走る歓びの深化』。『走る歓びの深化』とは、毎日の生活の中で実感できる歓びを、ドライバーのみならずクルマに乗る全ての人に提供するということです。

20161216_02i20161216_02j

(左写真:「人間中心の商品開発」について語る商品本部主査の児玉)

 

「私たちはクルマが単なる鉄の箱ではなく、命あるものだという思想と情熱を持って、デザインを行っています」

そう語るのは、新型「マツダCX-5」のチーフデザイナーの諌山 慎一(いさやま しんいち)。

20161216_02k

(写真:「魂動デザイン」の哲学について語るチーフデザイナーの諌山)

 

「人の手で吟味され、生み出される温かみのある形、これを大事にしています。これは、日本人が古来から受け継いできた、モノづくりに通じる考え方ではないかと思っています。」

 

骨太で安定した構え、品格あるフォルム、仕立てのよさを軸としながら、あらためて日本の美意識に着目しています。

20161216_02s

最後に、リハーサル時の舞台裏の様子を特別にお見せしちゃいますね^^

どの演出がベストか、何度も打ち合わせを行います。

20161216_02m20161216_02n

本番さながらのリハーサル。

本番直前まで、照明や音響など、すべての演出に最高レベルを追求します。

20161216_02o20161216_02p

皆さん、新型「マツダ CX-5」発表会の様子、お楽しみいただけましたか?

20161216_02q

なお、新型「マツダ CX-5」のプロトタイプ車両を、日本全国の6エリアにて、先行展示いたします。

生命感溢れるエネルギッシュな強さと鮮やかさ、濁りのない深みと艶感をより高い次元で両立させた、新開発のボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」をはじめ、今マツダがもつデザインと技術のすべてを磨き上げた1台をご覧いただけます。

20161216_02r

どなたでもご自由にご参加いただけますので(事前応募不要)、ぜひ気軽にお越し下さいね。

▲新型「マツダ CX-5」 プロトタイプ車両先行展示

http://www.mazda.co.jp/beadriver/event/cx-5_rf/ (マツダオフィシャルサイト)

※スマートフォンの機種によっては、一部のアプリで正しく記事が表示されない場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 

カテゴリー:イベント