MAZDA公式ブログ
2017.1.25
マツダのクリーンディーゼル

SKYACTIV-Dでは、「低圧縮比」を実現することで、燃焼の効率を高めました。

「高圧縮比」のディーゼルエンジンでは、燃焼室内が高温・高圧になりすぎることで起こる「異常燃焼」によってNOxなどの有害物質が発生してしまいます。従来は、これに対応するために、燃焼タイミングを温度・圧力が下がる時点まで遅らせていたため、ピストンの仕事量をロスしていたんです。

一方で、「低圧縮比」のSKYACTIV-Dでは、燃焼室内の温度・圧力の上昇が抑えられ、ピストンが一番上の時点で燃焼を開始する事ができます。

このように、ピストンがロスなく仕事をすることが、低燃費と力強い走りをもたらしているんです。

■マツダのエンジンについて
http://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactiv/skyactivg_skyactivd/

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ