MAZDA公式ブログ
2017.2.15
マツダの安全性能

「自動で停まる。ということだけにこだわっていたわけではありません。自動で停まる前にこそ、多くの安全技術の積み重ねがあるんです。」

マツダの予防安全技術の開発担当者はこう話します。

例えば、ドライビングポジションもその1つ。ドライバーが素早く正確に操作できる運転席をつくり込むため、まずは人間を知ることから研究を続けています。それは、安全においても、あくまでドライバーが主役だと考えるため。

こうした安全、安心へのこだわりが、マツダの目指す「人馬一体」の走りを支えています。

■マツダの安全性能
http://www.mazda.co.jp/beadriver/safety/

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ