MAZDA公式ブログ
2017.2.16
マツダデザインを支える職人たち

マツダが目指すのは、”工業製品”ではなく”工芸品”のようなクルマづくり。

精緻でありながら、どこか生き物かのようなぬくもりを感じる。そんなクルマをつくるのは、職人たちの『手仕事』です。

例えば、ハードモデラー 藤木修は、熟達した縫製の技で、プロダクトに美しいアクセントを添えます。それは、さまざまな人の想いをまとめる仕事なのだという。

「Mazda Design アトリエ」では、そんな職人たちのクルマづくりへの情熱とこだわりを開発エピソードと共に紹介します。

http://www.mazda.co.jp/beadriver/design/atelier


この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ