\
MAZDA公式ブログ
2017.2.20

マツダ CX-9がオーストラリアの有力誌「Wheels」より、カー・オブ・ザ・イヤー2017を受賞!

皆さん、CX-9というマツダ車をご存知でしょうか。

 

CX-3でもなければ、CX-5でもありません。

アメリカやオーストラリアなど、一部の地域で販売している、7人乗り大型クロスオーバーSUV。それがCX-9です。

販売している地域では、マツダ車の最上級モデルに位置付けています。

 

このたびCX-9が、オーストラリアで最も有力な自動車雑誌のひとつである「Wheels」より、カー・オブ・ザ・イヤー2017を受賞しました!

昨年の4代目MX-5(日本名:ロードスター)に続き、2年連続で選出いただきました。

 

(写真左から:Wheels編集長代理 インウッド氏、マツダオーストラリア ベンダース社長、Bauerメディアグループ編集長 バルマー氏)

 

Wheelsのカー・オブ・ザ・イヤーは、1963年から続く歴史ある賞です。

2016年にオーストラリアに導入された新型車を対象に、機能・技術・燃費・安全性・価格などを評価し、最も優れた1台を決定するというもの。

CX-9は、「メルセデスベンツ Eクラス」「アウディ A4」とともに最終候補の3車種に選ばれ、カー・オブ・ザ・イヤーに選出していただきました。世界の名だたる名車たちとともに評価いただき、CX-9を最も優れた1台に選んでいただいたことを、心から光栄に思います。

なお、SUVの受賞は、2004年の「フォード テリトリー」以来のことです。

 

CX-9を選んでいただいた理由として、Wheels編集長代理のインウッド氏より、

「高いレベルの高級感、洗練さ、そして乗り心地を提供してくれるクルマ。何と言っても素晴らしいのは、このレベルの動力性能を備えた大型SUVは滅多になく、カー・オブ・ザ・イヤーにふさわしい。オーストラリアのファミリーはこのクルマに夢中になるだろう」

との嬉しいお言葉をいただきました。

 ▼Wheelsのウェブサイトでも紹介されています(英語)

https://www.wheelsmag.com.au/car-of-the-year/1702/mazda-cx-9-is-the-2017-wheels-car-of-the-year

 

実はこのWheelsのカー・オブ・ザ・イヤー、マツダ車としては8度目の受賞。
全世界のメーカーでも2番目に多くこの賞をいただいています。
ご覧の通り、マツダの歴史を彩るクルマたちがずらり。

・1980:Mazda 323(日本名:ファミリア)
・1983:Mazda 626(日本名:カペラ)
・1989:初代Mazda MX-5(日本名:ロードスター)
・1992:Mazda 626(日本名:クロノス)
・2003:Mazda RX-8
・2005:3代目Mazda MX-5(日本名:ロードスター)
・2016:4代目Mazda MX-5(日本名:ロードスター)
・2017:Mazda CX-9

マツダ車を応援してくださる皆さんへの感謝を胸に、私たちはこれからも走る歓びにあふれるクルマづくりを続けてまいります。

 

そして最後に・・・普段は海外でしか見られないCX-9ですが、現在マツダ広島本社の1階ロビーで展示しています!(2017年5月9日まで展示予定)

お近くに来られた際には、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

カテゴリー:クルマ