MAZDA公式ブログ
2017.3.22
理想のドライビングポジション

マツダの新世代商品のアクセルペダルには、共通して『オルガン式』を採用しています。

これは、ドライバーが安心・安全に運転するための、大事なポイントの1つです。

この『オルガン式』アクセルペダルは支点が下にあることで、かかとを支点とした上から下への足首の回転運動とペダルの動きが一致し、かかとを固定したスムーズなアクセル操作、ペダルの踏みかえができます。

例えば、かかとを上げた状態と固定した状態では、アクセルからブレーキに踏みかえるのに0.1~0.2秒の差が生じます。わずかな差ですが、万が一の時には状況を大きく左右しますよね。

マツダ車にはこの他にも、ドライバーが安全に運転するためのこだわりが詰まっています。詳しくはコチラからご覧ください。
http://www.mazda.co.jp/beadriver/cockpit/thought/drivingposition/

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ