MAZDA公式ブログ
2017.7.6
今年のテーマは「飽くなき挑戦の歴史-ロータリーエンジン誕生50周年」!「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」の出展内容をご紹介します

8月4日(金)~6日(日)にかけて、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「AUTOMOBILE COUNCIL (オートモビル カウンシル) 2017」でのマツダの出展内容をご紹介します。

 

「AUTOMOBILE COUNCIL」は、2016年に初めて開催された、日本に自動車文化の創生を図ることを目的としたイベントです。同じ想いを抱くマツダは、昨年に引き続き出展します。

※昨年の様子はこちら⇒http://www.mazda.co.jp/beadriver/experience/amc_2016/index/(オフィシャルサイト)

 

マツダのテーマは、「飽くなき挑戦の歴史-ロータリーエンジン誕生50周年-」

 

1967年にマツダが量産化に成功したロータリーエンジンは、コスモスポーツに搭載され、今年誕生から50年を迎えました。

マツダコスモスポーツ
(写真:コスモスポーツ)

 

マツダブースでは、数々の苦難を乗り越えて、ロータリーエンジンの実用化、量産化を実現した先人の歩みに感謝の想いを込め、マツダの「飽くなき挑戦」の精神の一端を、開発当時の資料とともに紹介します。

 

ロータリーエンジン マツダロータリーエンジン研究部
(写真左:ロータリーエンジン、写真右:ロータリーエンジン研究部)

 

また、永くお客さまに愛されてきたロータリーエンジン搭載車を中心に、コスモスポーツの試作車をはじめ、1991年のル・マン24時間レース総合優勝車である「マツダ 787B」や、世界初の2ローターロータリーエンジン「10A」型などを展示する予定です。

 

マツダ787B 10A型2ローターエンジン
(写真左:マツダ 787B、写真右:10A型2ローターエンジン)

 

■出展内容

<ロータリーエンジン関連>

  • 「マツダ コスモスポーツ」(開発のために作られた試作車の1台)
  • 「マツダ コスモスポーツ」(1967年に発売されたマツダ初のロータリーエンジンを搭載した量産車)
  • 「マツダ ファミリアプレスト ロータリークーペ」(1968年に2代目ファミリアシリーズにロータリーエンジン搭載車を追加。1970年にファミリアプレストロータリーシリーズを発売)
  • 「マツダ ファミリアプレスト ロータリークーペ(レース仕様車)」(1970年スパ・フランコルシャン24時間レース参加車仕様としてレストアされた車)
  • 「マツダ サバンナRX-7」(1978年に発売された初代RX-7)
  • 「マツダ 787B (55号車)」(1991年ル・マン24時間レース総合優勝車)
  • 「10Aロータリーエンジン」(1967年から量産された最初の市販2ローターロータリーエンジン)

<その他>

  • 「ユーノスロードスター Vスペシャル」(1.6L直列4気筒レシプロエンジン搭載、1990年に追加されたモデル)

マツダファミリアプレスト ロータリークーペ マツダサバンナRX-7
(写真左:ファミリアプレスト ロータリークーペ、写真右:初代サバンナRX-7)

 

公式ブログでは、「AUTOMOBILE COUNCIL」当日に向けて、展示車両やロータリーエンジン開発にまつわる写真やエピソードをご紹介していきます!どうぞお楽しみに^^

 

AUTOMOBILE COUNCIL 2017概要
日程:2017年8月4日(金)~6日(日) 9:00~18:00
会場:幕張メッセ  4・5ホール
主催:AUTOMOBILE COUNCIL実行委員会
イベント公式サイト: http://automobile-council.com/
※実施内容は諸般の事情により変更する場合があります。最新情報については公式サイトをご確認ください。

 

■前回イベントの様子はこちらをご覧ください

カテゴリー:イベント