MAZDA公式ブログ
2017.11.7
【チーム初優勝!】「タイランドスーパーシリーズ」最終戦の様子をレポートします!@タイ

Mazda2 SKYACTIV-Dで出場したMSTチームが年間初優勝を獲得!

 

これまでブログでご紹介してきた、タイのモータースポーツの最高峰である「タイランドスーパーシリーズ」。

第1戦・第2戦(2017年4月)第3戦・第4戦(2017年6月末・7月)第5戦・第6戦(2017年8月)

 

2017年9月23日(土)、24日(日)に、タイ東北部ブリラム県にある「チャーン インターナショナル サーキット」において第7戦・第8戦(最終戦)が開催されました。マツダ・セールス・タイランド(MST)は、前回に引き続きMazda2 SKYACTIV-D(1.5L ディーゼル)を2台用意し、スーパーコンパクトクラス*に参戦しました。*スーパーコンパクトクラスは人気のカテゴリーで、MSTチームも2013年からこのクラスで出場しており、2015年から現行モデルのMazda2 SKYACTIV-Dにて参戦しています。

「チャーン インターナショナル サーキット」第7戦・第8戦(最終戦)

 

MSTチームとして、昨年度はチーム総合成績として年間2位を獲得するなど、着実にチームとしての実力を伸ばしてきました。

今年度(2017年度)のMSTチームの成績は、第2戦から第4戦と3戦連続クラス優勝。第5、6戦では連続して2位を獲得するなど好調に進んできました。

 

そして、チーム初年間優勝に向けて挑んだ最終戦!

 

「チャーン インターナショナル サーキット」第7戦・第8戦(最終戦)

前回同様、マナ・ポルンシリチェルド選手(Mazda2/タイ)とマイケル・フリーマン選手(Mazda2/オーストラリア)とのタッグで出場しました。

マイケル・フリーマン選手、写真右:マナ・ポルンシリチェルド選手
写真左から:マイケル・フリーマン選手、マナ・ポルンシリチェルド選手

10月23日 降り続く雨の中、第7戦スタート!

23日(土)はあいにくの雨模様。各車はウェットコンディションで第7戦を迎えました。

「チャーン インターナショナル サーキット」第7戦・第8戦(最終戦)

序盤は、マナ選手(Mazda2)3位、マイケル選手(Mazda2)5位で周回。

「チャーン インターナショナル サーキット」第7戦・第8戦(最終戦)

マナ選手は徐々に2位のホンダ シティを追い詰め、相手がスリップした一瞬のチャンスを見逃すことなく、9周目で追い抜き2位に浮上しました。

「チャーン インターナショナル サーキット」第7戦・第8戦(最終戦)

その後、1位のホンダ ジャズにじりじり迫り、残り2周でついに首位を奪取しました。

「チャーン インターナショナル サーキット」第7戦・第8戦(最終戦)

マナ選手は、ダカールラリーで鍛えられた巧みなドライビングテクニックで、滑りやすい路面を恐れることなく、優勝でゴールしました。

第7戦目を終えたところで、マナ選手の年間チャンピオンが確定しました!

一方のマイケル選手は、5位のフォード フィエスタと激しい戦いを繰り広げながら、4位でゴールしました。

「チャーン インターナショナル サーキット」第7戦 表彰式の様子
第7戦目の表彰式の様子。写真左端がマイケル選手、写真後ろ中央がマナ選手

 

10月24日 晴天の下、第8戦スタート!

翌24日(日)前日とうって変わる晴天の中、第8戦がスタートし、最終戦らしい激しいバトルが繰り広げられました。

「チャーン インターナショナル サーキット」第7戦・第8戦(最終戦)

マイケル選手は少し力みすぎて、レース序盤で激しくスピンし13位まで後退。

すぐ後ろを走るマナ選手と危うくぶつかりそうになる場面も。マナ選手はそれを巧みにかわし、最終的に4位でゴールし、マイケル選手も、猛然と追い上げ、6位でゴールしました。8戦目までの名のドライバーの総合ポイント数で、チームの年間優勝が決まりました。今年度(2017年度)は、チーム優勝と、マナ選手の年間チャンピオンという最高の結果を得ることができました。

「チャーン インターナショナル サーキット」第8戦 表彰式の様子
第8戦目の表彰式の様子。写真左端がマナ選手

 

「チャーン インターナショナル サーキット」第7戦・第8戦(最終戦) Mazda City
応援に来ていたマツダディーラー(Mazda City)のメンバーも、とても盛り上がっていました!

 

「チャーン インターナショナル サーキット」第7戦・第8戦(最終戦)
写真左から2番目:マナ選手、3番目:マイケル選手

 

最後に選手2人からのコメントをご紹介します。

マナ・ポルンシリチェルド選手のコメント

「第7戦は、年間チャンピオンがかかっており、大きなプレッシャーがありましたが、雨の中でもMazda2がすごく良く走ってくれたので、勝つことができました。Mazda2ディーゼルは速く扱いやすくて、本当にいいクルマです。MSTやスポンサーの皆さま、献身的にサポートしてくれたチームメンバーに感謝しています。来年もまたぜひこのチームで走りたいと思います。」

 

マイケル・フリーマン選手のコメント

「マナ選手が年間チャンピオンを取れて本当に良かったです。チームとしても年間優勝を果たし、大きな進歩のあったハッピーな一年にすることができました。来年はますます混戦が予想されるスーパーコンパクトクラスですが、今年の結果に甘んじることなく、更なる高みを目指し、まい進していきたいと考えています。」

 

次回のレースは2018年5月末に予定されています。来年もMSTチームの活躍にぜひご期待下さい!

 

今年度のMSTチームの奮闘ぶりについては、こちらのレポートもご覧ください。

▲第1戦・第2戦(2017年4月)
Mazda2 SKYACTIV-Dがワンツーフィニッシュで初クラス優勝!
http://blog.mazda.com/archive/20170512_01.html

▲第3戦・第4戦(2017年7月)
Mazda2 SKYACTIV-Dが3戦連続クラス優勝!
http://blog.mazda.com/archive/20170726_01.html

▲第5戦・第6戦(2017年8月)
タイのモータースポーツの最高峰「タイランドスーパーシリーズ」。総合ドライバーズポイントで1位・2位を独占。
http://blog.mazda.com/archive/20170920_01.html

 

カテゴリー:イベント