MAZDA公式ブログ
2018.4.23

サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030

マツダが掲げる「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」。これは地球、人、社会の3本柱からなっています。
今回のブランド体感イベントでは、地球に対する貢献として開発している、進化したガソリンエンジン「SKYACTIV-G」についてご紹介しています。(イベントの様子を動画でご覧いただけます)
http://www.mazda.co.jp/beadriver/experience/bsosaka/26/

クルマのCO2削減への取り組みとして、給油してから走行時に排出されるCO2削減、いわゆる「Tank-to-Wheel」の考え方だけでなく、地球の環境を考え、燃料の採掘から車輪に伝わるまでに排出されるCO2の量をトータルで考える、「Well-to-Wheel」の考え方でマツダはCO2削減に取り組んでいます。

特に郊外での燃費改善を狙い、今回新たにSKYACTIV-Gに搭載した「気筒休止システム」について、その実現のための開発エピソードをお伝えしています。ぜひ動画をご覧ください。

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ