MAZDA公式ブログ
2018.6.25

VISION COUPE:Concorso d’Eleganza Villa d’Esteに出展

突然ですがこの写真、どこだと思いますか?

 

ここは、イタリア第2の都市として商工業やファッションで名高いミラノから、北へクルマで1時間ほど。スイスとの国境、アルプス山脈にもほど近い「コモ湖」です。湖畔には古くからヨーロッパの王室や貴族、芸術家たちが建てた「Villa(ヴィラ=邸宅)」と呼ばれる、壮観な別荘が立ち並ぶ避暑地として有名な場所です。


Villa d’Este

 

この静かで自然豊かな湖畔にたたずむ「Grand Hotel Villa d’Este(ヴィラ デステ)」も、そんな歴史的な邸宅をホテルにしたもの。このホテルと近隣にある公園「Villa Erba(ヴィラ エルバ)」舞台に、一年に一度、そうそうたる名車が一同に会するイベントが開催されます。

 

 
自動車の歴史を彩るような、貴重なクルマがずらりと並ぶ光景は圧巻です

 

そのイベントの名は、「Concorso d’Eleganza Villa d’Este(以下、コンクール・ド・エレガンス)」。1929年から開催されている伝統と格式ある自動車のイベントで、今年は5月25日から27日にかけて開催されました。世界中のコレクターが持ち寄る貴重なクラシックカー、複数の自動車メーカーおよびデザイン会社などによる最新のコンセプトカーも展示され、自動車のエレガントさを競います。

  
その貴重なクルマたちの、さらに貴重な走行シーンが見られるのも、このイベントならではの光景


そして、まるで映画のようなシーンも

 

そして、このような素晴らしい場に「Mazda VISION COUPE」も、参加のお声掛けをいただきました。マツダとしては2016年の「RX-VISION」に続き、2回目の出展となります。

VISION COUPEは、2017年に世界初公開されたマツダの次世代デザインビジョンモデル。生命感、ダイナミズムを表現したデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を、日本の美意識の本質を追求することでさらに深化させ、伸びやかでシンプルなワンモーションフォルムによって、よりエレガントで上質なスタイルを創造しています。

 


イタリアの太陽に照らされるVISION COUPE、また1つ違う表情を見せてくれたようです

 

このVISION COUPEは昨年秋の東京モーターショーでの発表以降、パリやジュネーブの自動車イベントにて高い評価を得てきました。そして今回、このコンクール・ド・エレガンスにおいても、多くの自動車を愛する皆さまからのご支持をいただきました。

 
VISION COUPEも走行、運転は常務執行役員の前田 育男が務めました

 

2019年からグローバルに導入予定の次世代商品より、この次世代デザインビジョンは反映されることとなります。これからのマツダデザインに、大いにご期待ください。

 

 

2018/06/27更新

イベントの模様が素敵な動画になりました!
こちらもぜひご覧ください!!

カテゴリー:クルマ , デザイン , イベント