MAZDA公式ブログ
2011.9.28

【マツダの名車たち】R360クーペ

この記事は、過去Facebookに掲載した記事です。

マツダの歴史に残る名車を紹介する「マツダの名車たち」をスタートします!

1回目はマツダにとって初めての乗用車、1960年発売の「R360クーペ」です。
まだマツダが東洋工業という社名だった頃のお話です。お値段は画期的な低価格の30万円!「おっお手頃!」と思ったみなさん、実は当時の大卒初任給は約1万5千円。まだまだクルマがないご家庭が多い時代の大ヒット商品となりました。
ヒットの理由は、価格だけではありません。国産車で初めて本格的に採用されたトルコン(トルクコンバーター)や、軽自動車初の4サイクルエンジン、ボディなどの軽量化による燃費と走行性能の向上。そして、なによりもスタイリッシュなデザインも人気のポイントでした。R360クーペがマツダの新たな歴史を開いたと言えますね。

20110928_01a.jpg