MAZDA公式ブログ
2013.10.30

【東京モーターショー 1970年代編】電動モーターとロータリーエンジンを組み合わせたハイブリッドカー!

電動モーターとロータリーエンジンを組み合わせたハイブリッドカーを出品(1970年)

1970年 第17回東京モーターショーにハイブリッドカー「EX005」を参考出品し、注目を集めました。異なった2つの動力源である電動モーターとロータリーエンジンを組み合わせ、環境に優しい未来の自動車の一つの可能性を追求した1台でした。走行中はロータリーエンジンが一定回転で発電機を回してバッテリーを充電し、その動力でモーターを回すハイブリッドシステムを搭載しているんですよ。
東京モーターショーでは1970年から輸入車が本格的に参加し、国際色豊かなショーへと発展。1973年に起こった第一次オイルショックを機に、ショーのキーワードは”省燃費”に変わり、小型車ブームが到来しました。

20131030_02a.jpg

この記事は、Facebookに掲載した記事です。