MAZDA公式ブログ
2014.4.8

小飼社長が東北大学の入学式で記念講演を行いました。

「常識に捉われず、粘り強く挑戦し続けて欲しい」。

4月3日、マツダの小飼社長が母校の東北大学の入学式・オリエンテーションで「常識を疑ってみることの大切さ」と題した記念講演を行い、新入生はじめ約6,000名の方にご参加いただきました!

小飼社長は、講演の中でマツダのエンジニアがどのように技術革新に挑戦し、SKYACTIV技術の開発を成し遂げたのかを紹介。「常識を疑い、様々な経験を積んで、将来の夢を描いてほしい」とお話しました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

20140408_01a20140408_01b

この記事は、Facebookに掲載されたものです。

 

 

 

カテゴリー:Facebookアーカイブ
この記事をご覧いただいた方へおすすめ記事