MAZDA公式ブログ
2014.7.1

【Number of Mazda】コンマ3秒って、まさにほんの一瞬ですね。

コンマ3秒って、まさにほんの一瞬ですね。

人間が、自らの操作に対して経験を踏まえて反射的に身構えるまでの時間が0.2~0.3秒といわれています。例えばアクセルを踏み込むと、この間に、ドライバーはイメージした加速力に応じて反射的に首の筋肉を緊張させ、頭が動かないように構えます。
アクセラでは、この「構える」タイミングに合わせて加速が発生するようにチューニングしています。どんなシーンでも人とクルマのお互いの息が合うことで、思いのままの走りが実現するのです。人間の特性についても深く研究し、小さなこだわりを積み重ねることで人とクルマが心まで通じ合う「人馬一体」の走りを組み立てています。

コンマ3秒

人馬一体の加速

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ
この記事をご覧いただいた方へおすすめ記事