MAZDA公式ブログ
2014.7.24

【マツダCX-5】 SUVでありながら『動き』の表現を入れる

マツダがデザインテーマ「魂動」で表現するのは肉食動物が獲物を狙って動き出す瞬間のフォルム。
CX-5で意識したのは『動き』の表現と本来SUVが持つ『強さ』のバランス。動きの表現だけを強調するとSUVならではのどっしり感が弱くなる。試行錯誤を重ね、導き出した答えは「大きな骨格で動かすこと」と「塊の強さ」。
さらに、チーターが獲物を狙って飛び出す瞬発力のような「動き」が、マツダの新しいSUVには不可欠だと考えました。「獲物を狙って飛び出す一瞬」を造形の軸とし、ボリューム感のある動きを持たせることで、グッと引き締まった塊の強さを表現しています。

◆以前ご紹介したCX-5エクステリア デザイナー インタビュー
http://mzd.bz/1kcV0Wd

◆東京六本木で「Mazda Be a driver. Street」開催中
http://mzd.bz/1nR8OoD

マツダCX-5

この記事はFacebookに投稿したものです。