MAZDA公式ブログ
2014.10.6

【ニュース】新世代ヘッドランプ「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」などをCEATEC JAPAN 2014に出展

「ALH」は、日本の自動車メーカーとして初公開のLEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを採用した新世代ヘッドライトシステムです。
LEDによるハイビーム光源を4つのブロックに分割し個別に点消灯することが可能。対向車のヘッドランプや先行車のテールランプなどを検知すると、その部分に照射しているLED光源のブロックのみを消灯します。これにより対向車や先行車のドライバーを幻惑させることなくハイビームポジションでの走行が可能となります。さらに側面の照射範囲の拡大や、高速走行時に光軸を上方に自動で切り替えるなど、夜間走行におけるドライバーの認知支援を強化します。
また、「Mazda3 自動走行システム搭載車」を出展。
お客様が安心して運転し、走る歓びを感じて頂けるように、常にドライバーの状態を見守り、危険が迫った時にはまず警告、避けられない状況に陥る前に自動で危険を回避、安全を確保する事を目指しています。詳しくは下記リンクをご覧ください。

すべての人に「走る歓び」を提供し続けるため、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」は進化します。
これからも、新しいマツダは独自の信念に基づき、走る歓びを革新し続けます。

◇ニュースリリース
http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201410/141006a.html

20141006_01

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ
この記事をご覧いただいた方へおすすめ記事