MAZDA公式ブログ
2014.11.25

【新型マツダ デミオ】ドアトリムのデザインと造形にこだわりました。

普段一番目につくインテリア。新型デミオは、ドアトリムのデザインと造形にこだわりました。

通常、コンパクトカーのドアトリムは幅が限られてしまうため、平面的で立体感のない造形となるのが一般的です。新型デミオでは、トリムの上側はインストルメントパネルと連続させて包まれるような安心感を、下側は丸型のエアコンルーバーから吹き出す気流をイメージして強い前進感を表現しています。スイッチパネルやドアポケット、スピーカーなど、ドアトリム全体の造形で後方へ向かって放射状に広がるラインを意識したデザインを造り上げました。

乗り込むたび、細やかな造り込みに感動が深まっていくことでしょう。

20141125_02

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ
この記事をご覧いただいた方へおすすめ記事