MAZDA公式ブログ
2015.1.22

【CLEAN DIESEL is】「NOx後処理装置」無しで、世界的にも厳しい日本の排ガス規制をクリアしています。

SKYACTIV-Dと他のクリーンディーゼルとの違いってご存知ですか?
それは「NOx後処理装置」無しで、世界的にも厳しい日本の排ガス規制をクリアしていることです。
軽油を自然発火させるディーゼルはこれまで「高温高圧縮」が一般的。高温であるために、空気と燃料が充分に混ざり合う前から局所的に燃焼が始まってしまい、有害物質が発生していました。
一方、SKYACTIV-Dが着目したのは、圧縮比!「低圧縮化」により燃焼室内の温度が下がったため、空気と燃料がきれいに混ざり合ったきれいな燃焼を実現しました。これによりNOx(窒素酸化物)やPM(スス)といった有害物質の発生量を抑え、これまで必要だったNOx後処理装置が不要になったのです。

20150122_02

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ