MAZDA公式ブログ
2015.2.18

既成概念を捨て去り、世界一のエンジンを目指したSKYACTIV-Dはどんな想いでつくられたのでしょうか。

「本質を突き詰めることができれば、ボウリングの一番ピンを倒すように、次々と問題を解決することができると信じてやってきました」
マツダの藤原常務執行役員が語る、クリーンディーゼルSKYACTIV-Dに込めた想いをWEBサイトにて公開中。藤原はSKYACTIV技術の生みの親の一人。既成概念を捨て去り、世界一のエンジンを目指したSKYACTIV-Dはどんな想いでつくられたのでしょうか。そして、彼が例えるボウリングの一番ピンとは?
▼WEBサイトはコチラ:http://www.mazda.co.jp/beadriver/skyactiv/interview/

20150218_01

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ
この記事をご覧いただいた方へおすすめ記事