MAZDA公式ブログ
2015.7.16

【マツダのクルマづくり~デザイン編~】美しさをとことん追求する「執念」

美しさをとことん追求する「執念」といえるものが、マツダデザインの大きな特徴です。

デザインを磨く工程のひとつが、クレイモデルづくり。工業用粘土を使い、手作業でデザイナーが描いたイメージを立体化します。理想のカタチを求めて、スピーディにどんどん修正を加えていけるのはクレイだからこそ。造形に魂を吹き込む「クレイモデラー」というマツダの職人をご紹介します。
http://www2.mazda.co.jp/beadriver/design/interview_terauchi.html

人の手によって真剣且つ丁寧に創り上げるフォルムには、心が宿ります。クルマは道具ではなく、相棒のような存在でありたい。だから、命を宿したものだけが放つ、一瞬の動きや美しさを表現したいとマツダは考えます。

20150716_02a
20150716_02b20150716_02c

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ