MAZDA公式ブログ
2015.10.21

後ろ足へのこだわり

マツダの新世代商品のリアサスペンションには、ある共通するこだわりが隠されています。

ボディとの取付位置を従来モデルよりも上方に配置し、路面のショックを逃がす力を強化しました。例えば、旅行に使うキャリーバック。取っ手を持つ位置が高い方が、段差を乗り越えた際の引っ掛かりや、手に伝わるショックが小さくなりますね。

ボディの構造上、このレイアウト変更は難しいもの。しかし、SKYACTIV技術でクルマの構造をゼロから見直すことで、同じ技術をクラス概念にとらわれずに採用できたのです。

マツダらしい走りは、後ろ足にも支えられているんですね。

20151021_02a
20151021_02b

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ
この記事をご覧いただいた方へおすすめ記事