MAZDA公式ブログ
2015.12.15

クルマは走らせてなんぼ、やっぱり“Be a driver.”なんですよ

ビルシュタインとマツダはロードスターが誕生した1989年からサスペンションを共同開発してきました。

「人間の感性を信じるモノづくりをする、そういう考え方はマツダさんと近いものがありますね。」

長年、共同開発を続けてきたからこそ感じるロードスターの魅力、マツダのクルマづくりに対する姿勢について、ティッセンクルップ・ジャパン社マネージャー 眞野さんに語っていただきました。

http://www.mazda.co.jp/beadriver/experience/rs_partner/02/

20151215_01a
20151215_01b

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ