MAZDA公式ブログ
2016.2.23

【マツダのドライビングポジション】どんな体格の人にも同じように走る歓びをお届けしたい。

どんな体格の人にも同じように走る歓びをお届けしたい。この考えはデミオのようなコンパクトカーでも同様です。

例えば、ハンドルの位置。腕が伸びている、縮んでいる状態では、ハンドルを回せる量が少なくなることで、スムーズな運転を妨げ、疲労の原因にもなります。そこで、ハンドルの上下調整機能「チルト」に加えて、前後調整機能「テレスコピック」を採用することで、力の出しやすいハンドルの位置を設定可能にしています。

マツダの考える理想的なドライビングポジションでは、スムーズなペダル操作と、良好な視界を確保できるシートポジションだけでなく、力の出しやすいハンドルの位置にもこだわっているんです。

20160223_01a
20160223_01b

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ