MAZDA公式ブログ
2016.5.26

自分も運転して体感してみたいと思いました。

【普段は助手席に乗っている自分も運転して体感してみたいと思いました。】

これは、先日ブランドスペース大阪にて開催された体感イベントの参加者の声です。

■イベントの様子はコチラ
http://www.mazda.co.jp/beadriver/experience/bsosaka/09/

運転席に配置されているスイッチやメーター、ディスプレイなどの機器は、時にドライバーの不注意の要因となり得ます。マツダは、これらが運転への集中を阻害することを最小限にするよう取り組んできました。

その根底に流れるのは、やはり「人間中心」。

開発担当者が語る、マツダが考える運転環境のあり方「ヘッズアップコクピット」とは?

上記URLから是非ご覧ください。

20160526_01a

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ