MAZDA公式ブログ
2016.6.23

マツダを支える匠の技

「鉄は“曲げると戻る”という性質から、寸法通りの金型でプレスしても鋼板が狙いの形状にはなりません」。

外装パネルなど、デザインに直接関わるパーツ製造を担当する「プレス技術グループ」は、“魂動デザイン”を具現化する上で重要な役割を果たしています。

緻密な計算で仕上げた金型を駆使し、鋼板を自在に操りながら、狙い通りの造形を実現する「職人」たちの挑戦をご覧ください。

■マツダを支える匠の技
http://www.mazda.co.jp/beadriver/design/interview/02/

20160623_01a 20160623_01b

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ