MAZDA公式ブログ
2016.8.23

G-ベクタリングコントロール

新しいアクセラに搭載した新技術「G-ベクタリングコントロール」は、マツダの目指す人馬一体の運転感覚をさらに進化させるものです。ハンドル操作に応じて人間では不可能なほど緻密なトルク制御をすることによって「前後輪の荷重移動」をコントロールします。

この「荷重移動」は、クルマを気持ちよく走らせるために欠かせない要素の1つです。

カーブを曲がる際には、ハンドルを切り始めると、エンジンのトルクを低減させることで発生した減速Gにより、クルマの荷重が前輪へ移動します。荷重のかかった前輪は路面に対して押し付けられ、しっかりとグリップすることで、レスポンスよく曲がります。

そして、切り増しが止まるとトルクを復元し、前輪から後輪へ荷重を移動。これによって後輪のグリップ力を高め、安定性を向上させます。

この一連の荷重移動を様々な場面できめ細かく行うことで、ドライバーは意のままの走りを安心して楽しむことができるのです。

「G-ベクタリングコントロール」について詳しく
http://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactiv/skyactivvd/

20160823_01a 20160823_01b

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ