MAZDA公式ブログ
2019.2.13

理想的なドライビングポジション、そのカギは「骨盤」でした

今後のマツダ車に採用される新しい車両構造技術、「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」。
徹底的な人間研究によって導き出されたこの技術の開発は、エンジニアの怪我から始まりました。
この他にもオフィシャルサイトでは、新たなデザインや技術の開発ストーリーをご紹介しています。
ぜひご覧ください。
https://www2.mazda.co.jp/cars/new_generation/pre/

この記事はFacebookに投稿したものです。

カテゴリー:Facebookアーカイブ