MAZDA公式ブログ
2016.10.14
「マツダ デミオ」を商品改良、本日から予約開始!上質な特別仕様車も登場しました。

「マツダ デミオ」の商品改良車および、特別仕様車「Tailored Brown(テーラード・ブラウン)」を国内では本日(2016年10月14日)より、予約受注を開始しました。発売日は11月17日を予定しています。

20161014-02a
(写真:マツダ デミオ XD Tailored Brown)

 

マツダは、2012年発売の「CX-5」以降に導入した新世代商品群において、一貫して人間の特性・感覚を徹底的に研究し、人間にとって気持ちの良い走りを追求した「人間中心の開発哲学」を基に開発した最新の技術や装備を、モデルチェンジなどのタイミングにとらわれず各モデルに展開しています。

20161014-02b
『デミオ』は、“車の価値はボディサイズに比例する”という既成概念を打ち破ることを目指し、2014年に当時のマツダが持つ最新の技術を全面的に採用して発売されました。

 

人馬一体感をより上質に深化
今回の商品改良においても、新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブビークルダイナミクス)」の第一弾「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を採用しています。

より質感高く、使いやすく進化した装備
「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フルカラー)」、夜間視認性を高める「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」など、「人間中心の開発哲学」の考えを基に開発されたマツダの最新技術を「SKYACTIV-G 1.3」搭載車、「SKYACTIV-D 1.5」搭載車ともに、コンパクトなボディに凝縮させています。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」エンジンONでメーターフードの前方に立ち上がり「走行情報」を表示。フルカラー化、高輝度・高精細・高コントラスト化、フォントやレイアウトの改善などにより、読み取りやすさを向上させました。
20161014-02c

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)は、眩しさを抑える「LEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビーム」を備えた新世代ヘッドライトシステム。対向車や先行車のドライバーを眩惑させることなく、常時ハイビームでの走行が可能となります。

 

質感を磨くことにこだわったデザイン
内装の意匠を大幅に変更し、「色」の使い方と仕立ての良さに徹底的にこだわったコーディネートへと深化させました。また、先鋭的な世界観を継続的にご提案する特別仕様車の第四弾として、やわらかく上質なアート空間を表現した「Tailored Brown」を新たに設定しました。

20161014-02d20161014-02k

20161014-02f

(全3写真:特別仕様車「Tailored Brown」の内装)

 

エクステリアカラーには、「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元に両立することで、リアルな金属質感を実現した「マシーングレープレミアムメタリック」をはじめとした新色が登場しました。新色は以下の通り!

20161014_02g20161014_02h
(左写真:「マシーングレープレミアムメタリック」)、(右写真:「ディープクリムゾンマイカ」)

 

20161014_02i20161014_02j
(左写真:「エターナルブルーマイカ」)、(右写真:「ソニックシルバーメタリック」)

 

商品改良の概要はリリースでご紹介しています。ぜひご覧ください!
▲「マツダ デミオ」の商品改良車を発表:http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2016/201610/161014b.html
▲マツダのクルマづくり(公式オフィシャルサイト内)
http://www.mazda.co.jp/beadriver/?link_id=grnv

※スマートフォンの機種によっては、一部のアプリで正しく記事が表示されない場合がございます。あらかじめご了承ください。

カテゴリー:クルマ