MAZDA公式ブログ
2019.11.21

「第57回技能五輪全国大会」 マツダは2種目で金賞を受賞しました!

マツダは、2019年11月15日から18日まで愛知県で開催された「第57回技能五輪全国大会」において、「曲げ板金」と「車体塗装」の2種目で金賞を受賞しました。

マツダ選手の金賞受賞は、「曲げ板金」で8大会連続26回目、「車体塗装」で4大会ぶり6回目となります。

 

「曲げ板金」では福田 友(ふくだ ゆう)選手(本社工場)が金賞、柴内 守(しばうち まもる)選手(本社工場)が銅賞を受賞し、「車体塗装」では坂本 能祐(さかもと だいすけ)選手(防府工場)が金賞、池島 一晟(いけしま いっせい)選手(本社工場)が敢闘賞を受賞。

また、「自動車板金」では藤村 汰雅(ふじむら たいが)選手(防府工場)が銅賞を受賞しています。

マツダ「第57回技能五輪全国大会」の2種目で金賞受賞
「第57回技能五輪全国大会」 マツダ所属選手の入賞者(左から池島、藤村、坂本、福田、柴内)

 

「技能五輪全国大会」は、国内の青年技能者の育成を勧奨し、技能の重要性や必要性を広く伝えるために毎年開催され、今大会には42職種に約1,200名が参加しました。

マツダからは「曲げ板金職種」「車体塗装職種」「自動車板金職種」「旋盤職種」「メカトロニクス職種」の5種目に12名の社員が、広島県および山口県の代表選手として出場しました。

 

マツダ「第57回技能五輪全国大会」の2種目で金賞受賞マツダ「第57回技能五輪全国大会」の2種目で金賞受賞
曲げ板金(福田)と車体塗装(坂本)の競技風景

 

今後もマツダは、次世代を担う若い世代の技能向上に努め、さらなる高品質なクルマづくりを実現し、世界中のお客さまに愛される商品や技術、サービスをお届けすることで、お客さまと特別な絆で結ばれたブランドになることを目指してまいります。

 

マツダ「第57回技能五輪全国大会」の2種目で金賞受賞
マツダの選手一同で記念写真!

 

昨年(2018年)の技能五輪についても、マツダ公式ブログにてご紹介しています。
https://blog.mazda.com/archive/20181112_01.html

カテゴリー:クルマ , モノ造り , イベント