MAZDA公式ブログ
2019.4.1

マツダ2019年度入社式:652名の新入社員が仲間に加わりました

いよいよ今日から新年度。

広島は少し寒さが戻りましたが、桜も咲き誇る晴れた一日となりました。

 

本日2019年4月1日、マツダは広島本社内の講堂にて、平成最後となる2019年度の入社式を実施しました。

今年度は、技術系214名、事務系41名、技能系342名、医務系など55名の合計652名の新入社員が入社。

マツダの新しい仲間に加わりました。

マツダ2019年度入社式
マツダ2019年度入社式

 

入社式には、丸本 明(まるもと あきら)代表取締役社長兼CEOをはじめ役員や労働組合関係者が出席し、新入社員を歓迎。

 

丸本社長は、

「マツダは、広島の地に生まれ、地域に支えられ、来年1月30日に創立100周年を迎えます。

これまでに何度も厳しい状況に直面してきましたが、乗り越えることができたのは、先人たちの不屈の精神とたゆまぬ努力、そして地域・協力企業・販売会社といった皆さまのご支援とご協力があったからです。このことを決して忘れてはいけません。

今、自動車業界は100年に一度の大変革期と言われていますが、マツダは、地球・社会・人の課題解決に貢献するとともに、日本で生まれた会社としてクルマを通して日本の文化を世界にお届けする企業でありたいと考えています。

今日から皆さんは私たちの仲間です。共に、創立100周年の節目とその先の未来を切り開いていきましょう。」

と、新入社員を激励しました。

マツダ2019年度入社式
丸本社長が新入社員を激励、「共に、創立100周年の節目とその先の未来を切り開いていきましょう」。

 

その後、新入社員に社章を交付。まずは代表2名に、社長が社章を装着します。

マツダ2019年度入社式マツダ2019年度入社式
社章交付の後、社長としっかり握手。

 

続けて2名が、新入社員としての決意表明をします。

マツダ2019年度入社式マツダ2019年度入社式
社会人に、そしてマツダの一員となる想いを述べました。

 

そして、新入社員全員が、真新しい社章を身に付けます。まさに「マツダの仲間となる瞬間」ですね。

マツダ2019年度入社式
社章を身に着けることで、入社を実感した方も多いのではないでしょうか。

 

新入社員インタビュー!

新入社員代表の2名、南 圭紀(みなみ よしき)さん(事務系)と深尾 美佐(ふかお みさ)さん(技能系)に早速インタビュー。

入社した感想や今後の想いを聞いてみました!!

マツダ2019年度入社式
左:南さん 右:深尾さん

 

南さん

「安心、尊敬、信頼してもらえる社会人になりたいと思っています。まずは目の前の業務を経験することで、仕事の型を習得していきたいと考えています。エンジンやデザイン、さらにはペダルレイアウトなど細かいところまでこだわる、クルマ好きの方々を大切に想うところが魅力と感じて、マツダを志望しました。好きなクルマはロードスターで、走る歓びを具現化している一台だと考えています。将来的にはマツダのブランドを引き上げる土台作りに貢献し、ひいては自動車産業を通じて経済全体にも貢献できたら嬉しく思います。」

 

深尾さん

「つい最近まで高校生として制服を着ていましたが、スーツを着たことで社会人になったことを改めて実感しました。いよいよ働き始めることを考えると、ワクワク感と気の引き締まる想いが半々です。生まれ育った地元広島の企業で、モノ造りに関わりたい想いと、挑戦し続ける企業姿勢に惹かれて、マツダを志望しました。好きなクルマは造形とカラーに魅せられたCX-5で、志望のきっかけにもなった一台、今後の配属先でも関わることができれば嬉しいです。丁寧で正確な仕事を心がけて、日々、成長していきたいと思います。」

 

二人とも緊張しながらも、しっかりとした口調で、新社会人そしてマツダの一員としての抱負を語ってくれました。

 

 

いよいよ今年度、100周年を迎えるマツダに加わったフレッシュな652名。

新しい仲間とともに、マツダは今後も「地球」「社会」「人」とクルマが共存する世界の実現を目指し、「走る歓び」にあふれたカーライフを皆さまにお届けしていきたいと思います。

応援よろしくお願いいたします!!

マツダ2019年度入社式